家電 運送

家電を1番お得に運送する方法

家電 運送

家電の運送

家電 運ぶ

家電 送る

家電 郵送

 

家電を運送してくれる業者は、宅配業者や引越し業者、郵便局などが思い浮かびますね。

 

郵便局では30kg以下、3辺合計が170p以下という基準があるので、大きなものは運べません。

 

したがって宅配業者と引越し業者が候補になりますが、大きな家電を運んでくれるのは大手の宅配業者だけです。
競争がないため、費用はやや割高になってしまうのです。

 

費用を安くしたいなら、ライバルの多い引越し業者がオススメです。

 

しかも今は引越し業者一括見積もりで、簡単に1番安い業者を探すことができるのです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

実は、引越し業者は家電だけでも運んでくれるのです。
ダンボールは自力で運べるけど、冷蔵庫と洗濯機だけ運んで欲しいという依頼は結構あります。

 

費用を少しでも安くできると、人気があるサービスです。
ぜひ、ご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引っ越し業者の繁忙期と通常期

 

家電運送繁忙期

 

引っ越し業者には繁忙期と呼ばれる1年で最も忙しい時期があります。
繁忙期は新大学生や新社会人などが一斉に移動する3月のことで、その前後は引越しの件数がとても多くなります。

 

この時期はとにかく予約を取るのも大変となり、引越し業者もスタッフを増やして対応したり1日に回る件数を増やしたりと頑張るのですが、それでも人手が足りず仕事をこなせません。場合によっては断られてしまいます。

 

なので家電だけを運びたいという依頼も、繁忙期は当然通常期よりも費用がかかります。

 

もし繁忙期を避けられるのであれば、この時期に引越し業者を利用するのは避けた方が無難です。
どうしてもこの時の引っ越しを避けられないのであれば、早めに見積もりを依頼して業者をおさえ、契約までしておいてください。

 

見積もりを取っただけで満足して放置すると、条件の良い業者はどんどん予約が入りますのでいざ契約しようと思っても断られてしまうのです。
予約がいっぱいになる前に、早めに行動してくださいね。

 

通常期でもやはり土日祝日は引っ越し依頼が多いです。
通常期でもサービスや評判の良い引越し業者はどんどん埋まりますので、運びたい物件の住所がわかったらすぐに見積もりを依頼して迅速に行動してくださいね。

 

 

家電の運送と引っ越しの初期費用

 

家電運送初期費用

 

引越しときには初期費用が結構がかかります。
その中で特に大きな金額になるものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか?
賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてややこしくてわかりにくいと思います。
詳しく書いてみますね。

 

賃貸物件の契約費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

いろいろありますね。

 

敷金というのは「物件を退去する際に、汚れた壁紙などを補修する費用」で貸主に先払いという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されますのが一般的ですが、契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もあります。
契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものですが、最近は「礼金ゼロ」という物件も増えてきました。
敷金があると初期費用が高くなり物件を借りたい人にはハードルが上がります。
そこで部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、「礼金ゼロ」にしている貸主さんもいます。

 

ときに2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
昨今は家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いも考えられます。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料ですので、ぜひうちの物件に!」という貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
仲介手数料は法律で決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったり、あるいはゼロだったりと会社によって決まっています。

 

以前であればは賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたもので、連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
しかし最近はいろいろ事情があって連帯保証人を用意できない人が増えたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するというのが主流になりつつあります。

 

次は火災保険ですが、賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いです。
ですから必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないからです。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換しますが、その費用を請求されます。。
マスターキーは管理会社や大家に返却されるのですが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらすべては回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、防犯の観点からも新しくしたほうがいいです。。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

 

 

こちらのサイトが参考になります。
引っ越し 見積もり 注意