家電 引っ越し

家電の引っ越しが安くてお得にできる方法とは

家電 引っ越し

家電 引越し

家電 配送

家電 郵送

家電引っ越しの方法

 

家電の中には大きくて運ぶのが大変なものがあります。
冷蔵庫や洗濯機、エアコンは取り外しも取付けも面倒な家電なので、自分で運ぶのは難しいですね。

 

引っ越しを希望している人の中には、新居は近所なので自分で運べるものは運びたいという人が結構たくさんいます。

 

ですから、引っ越し業者には大きな家財だけを運ぶサービスがあるのです。

 

当然、自分で運ぶ分だけ引っ越し費用は安いので人気があります。
家電だけを運んでくれて費用も安い業者を探すなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

料金を比較しなければ、相場も最安値の業者もわかりません。

 

一度に複数の業者から見積もりが取れる一括見積もりは、簡単で便利なので是非ご活用ください。

 

引っ越し業者は、家電を運ぶだけでなく取り外しや取付けもやってくれます。

 

冷蔵庫などは狭い廊下や玄関の段差などを超えて運ばなければなりません。
床や壁を傷付ける恐れもありますので、物件を保護してから作業をしてくれる引っ越し業者が安心ですね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの準備を始める時期

引越しの家電
引越しが決まったらどのくらいの時期から準備を始めるか気になりますね。
引越しの新居の場所が決まっているなら、引越し業者に見積もりを依頼して引越し業者を決めておくと安心です。

 

引越し業者への依頼は引越し前日でもできなくはないのですが、それは引越し業者の予定が空いていればの話です。
条件の良い引越し業者は、どんどん予約が入っていきます。
新居が決まったら、運びたい家財を絞り込んでできるだけ早く引越し業者を決めておきましょう。

 

そして、不用品はどんどんゴミカレンダーを見ながら捨てておくとお金がかかりません。
不用品を新居に持って行くとその分の運送費が無駄にかかりますし、もし引越し業者に代わりに捨ててもらうにもオプション代がかかります。
まだ使えるけど、買い替えを検討しているものは誰かにあげたり、フリマアプリで売ってしまうなどいろいろな方法で処分することができます。

 

いずれにしても、時間的な余裕があったほうがいいですね。
引越しの荷造りは1週間前から使わないものをどんどんダンボールに詰めていきましょう。

 

 

 

引越しのときの不用品を処分する方法

引越しは不用品を処分するチャンスでもあります。
小さなものはどんどんゴミカレンダーを見ながら捨てることができますが、大きなものはちょっと大変ですね。

 

不用品処分方法

 

テレビやエアコン、冷蔵庫や洗濯機、乾燥機などは家電リサイクル法で処分方法が決められています。購入した家電小売店などに連絡して有料で引き取ってもらう必要があります。
パソコンも処分するときは製造メーカーに処分を依頼しなければなりません。
他にもタイヤやバッテリー、ガスボンベや消化器なども勝手に捨てることができません。

 

これらの処分を検討されているなら、処分までに時間がかかるので早めに動きましょう。
タンスや食器棚などの大きな家具を捨てたい場合は、地方自治体のクリーンセンターなどの連絡して料金を支払って引き取ってもらう必要があります。

 

バラバラにできる家具やベビーカーなどの運べる大きさの不用品なら、クリーンセンターまで自分で持って行って処分してもらうこともできます。
しかし、予約が必要な場合がありますので、必ず連絡してから行きましょう。