家電 運送 キャンセル料

引越しとキャンセル料

引越し キャンセル料

 

どうしても引越しの都合が悪くなってキャンセルせざる得ない場合があります。
そんなときに引越し業者に支払うキャンセル料が気になりますね。どうなっているのでしょう?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
以下のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できます。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

「標準引越運送約款」のよると、引越しの前日のキャンセルからキャンセル料が発生することがわかります。
引越し業者が勝手に法外なキャンセル料を設定できないようにしていると思われます。

 

とはいえお客には優しいですが、引越し業者にはなかなか厳しい法律ですね。

 

たとえ3日前のキャンセルでも、引越し業者にはとっては大変な迷惑なのにキャンセル料も取れないわけです。
もしかしたらほかの人の予約を断っているかもしれません。

 

もしキャンセルすることが決まったら、できるだけ早く引越し業者に連絡してくださいね。
それなら新しいお客さんを探す時間的な余裕もありますから。

 

それと「標準引越運送約款」は改訂される可能性があります。
トラブルにならないためにも、必ず引越し業者を交わした契約書の「キャンセル」の項目に目を通しておいてくださいね。